[PR]

 青森市の浅虫水族館で展示される予定だったクロマグロの稚魚約3千匹が、11日の展示開始を前に大量死した。マグロの稚魚はきわめて繊細で、水中の環境変化に耐えられなかった可能性があるという。

 水族館は11日、残った稚魚を一般公開した。直径12メートル、水深3メートルのプール内には、体長5センチほどの稚魚が10匹ほど。

 訪れた家族連れは、まばらな水槽を見て「あまりいないね」。青森市の奈良佳音ちゃん(5)は「口をぱくぱくしていてかわいい」と笑顔だったが、母絵里さん(40)は「育てるのは難しいのだろう。疲れちゃったかな」と苦笑いした。

 稚魚は水産・食品会社の日本水…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら