[PR]

 12日午前2時半ごろ、東京都墨田区向島4丁目の国道6号で、自転車の男性2人が相次いでワゴン車にはねられた。警視庁によると、新聞配達中だった同区東向島3丁目の渡辺修さん(68)が死亡し、東京都台東区の男性(27)は腰や両足などの骨が折れる重傷を負った。目撃情報などから、ワゴン車は逆走していたとみられる。

 警視庁は事故から約10分後、現場から直線で約2キロ離れた台東区内の路上で、フロントガラスが割れた車を発見。本所署は12日夜、この車を運転していた東京都足立区西新井本町2丁目の会社役員、関根喜代志容疑者(68)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕し、発表した。

 関根容疑者は出勤途中だったとみられる。「事故を起こした記憶はないが、車が破損していたので私が事故を起こしたことは間違いない」と供述しているという。

 現場は片側2車線の直線道路。