[PR]

 韓国の産業通商資源省は12日、武器に使われる恐れのある機械などの「戦略物資」の輸出手続きを簡略化できる「ホワイト国」(輸出優遇国)の対象から、日本を除外する制度改正案を発表した。同省は定例的な輸出管理体制の見直しの一環と説明するが、日本が韓国をホワイト国から除外するなど輸出規制を強めたことへの報復措置とみられる。

 同省によると、韓国は、通常兵器や関連技術の輸出管理のために結ばれたワッセナー協約などに加入する29カ国をホワイト国に指定しているが、今回の改正案はこの29カ国から日本だけを除外する。

 具体的には、ホワイト国と非ホ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら