[PR]

 私に折り鶴の作り方を教えてくれた女性に再会したい――。駐日ニカラグア大使のロドリゴ・コロネルさん(43)が27年前、米国で出会った日本人女性を探している。今夏、長崎と広島の被爆者のために自作の2千羽の鶴を送り届けたロドリゴさん。「直接会ってお礼を言いたい」と願う。

 ロドリゴさんは1992年、米国ボストンのエマニュエルカレッジに語学留学した際、同じクラスだった日本人女性が、鶴を折って見せてくれた。その美しさに感動し、作り方を教えてくれるよう頼んだが、「すぐに忘れるなら時間の無駄」と断られた。

 あきらめきれず、2週間頼み続けると、一日一折りずつなら教えてもいいと言われた。その一折りを毎日100回練習し、完璧にできれば次を教えるという。

 「きっちりと折らないと、形が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら