[PR]

 香港で「逃亡犯条例」改正案の撤回を求める市民の抗議が続いていることについて、中国政府の香港政策を担う香港マカオ事務弁公室の報道官は12日、臨時の記者会見を開き、「(抗議活動は)すでに深刻な暴力犯罪であり、テロリズムの兆しも表れ始めた」と強い言葉で非難した。

 報道官は、「法にもとづいて断固として取り締まり、決して手を緩めず、容赦しない」とも述べ、摘発を強化する姿勢を示した。

 また、中国共産党機関紙・人民日報(電子版)は12日、中国の武装警察の車列が中国広東省の深圳に集結しているとの情報を報じた。深圳は香港北部に接した地域。報道は、抗議活動を牽制(けんせい)する狙いがあるとみられる。

 また、香港警察は12日、デモ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら