[PR]

 香港の「逃亡犯条例」改正案の撤回を求める市民らが12日、香港国際空港のロビーなどを一時占拠し、混乱のため、同日夕方以降に発着する予定だった日本路線を含むほぼ全便が欠航となった。13日朝から一部再開したが、2日間で欠航は数百便に達する見通し。同日、空港での再度の抗議活動が呼びかけられており、デモ隊が午前中から再び集まり始めた。

 5日のゼネストでも欠航が生じたが、抗議デモによって空港が機能マヒに陥るのは初めて。香港政府が市民側の要求の受け入れを拒むなか、デモ隊は国際世論に訴えて事態を動かそうとしており、その舞台に国際空港が選ばれた形だ。

 引き金となったのは、香港市街で11日夜にあったデモ隊と警察の衝突で、女性が負傷したことだった。地元メディアは、警察側が威力を弱めた「布袋弾」と呼ばれる弾を使用し、女性の右目に当たったと報道している。女性は失明する可能性があるとされ、市民の反発が一気に高まった。

 12日午後、SNSなどを通じた呼びかけに応じて、若者を中心とした数千人とみられる黒服姿の市民が空港に続々と集結した。当初は到着ロビーに座り込んでいたが、上階の出発ロビーまで人々があふれ、正規の乗客の搭乗手続きが困難となり、夕方以降の欠航が決まった。

 空港デモに参加した人々は、「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら