[PR]

(13日、高校野球 星稜6-3立命館宇治)

 ベンチの指示にすぐさまブルペンからマウンドへ向かう。星稜の背番号「1」奥川は大歓声を浴びた。

 5点リードの六回、2番手の寺西が2点を奪われ、さらに2死一、二塁のピンチだった。奥川は最初の打者に適時打を許した。「甲子園独特の流れだな」。しかし、笑った。「絶対に笑顔は崩さない。野手やベンチに不安を与えるので」。この1本で目も覚めた。「ぼんやりだった自分から捕手までの投球のラインが見えだした」。後続を遊ゴロに抑え、反撃を断った。

 この日は先発を2年生の荻原に任せた。一回からブルペンで準備をしながら励ました。「氷で(荻原の)首を冷やすなど、ベンチでつきっきりでした」。九回は寺沢に託し、右翼から見守った。

 エースの救援起用に、チーム力を高めようとする林監督の意図が見えた。荻原は甲子園の初登板を経験。昨夏の甲子園2回戦で逆転サヨナラ満塁本塁打を打たれた寺沢が試合を締めた。「本当にみんなで力を合わせて勝てた」と奥川。星稜がまた一つ、推進力を得た。(坂名信行)