[PR]

 超大型の台風10号は14~15日にかけて、暴風域を伴って九州や四国に接近、上陸する見込みだ。東日本から西日本の太平洋側の一部では降り始めからの総雨量が1千ミリを超える恐れがある。気象庁は13日、臨時会見を開き、暴風や高潮、土砂災害などに注意し、早めの避難を呼びかけた。

 同庁によると、台風10号は13日正午現在、鹿児島・種子島の南東約500キロを時速約20キロで北西に進んでいる。自転車並みの速度で非常にゆっくりと北上し続けるため影響は長時間に及ぶ可能性がある。中心気圧は965ヘクトパスカル、最大瞬間風速は45メートル。

 15日には強い勢力で九州や四国に上陸し、西日本を縦断する見込み。15日を中心に大潮で平常時より潮位が高いため、台風の接近に伴って高潮が発生する危険性は高まるという。16日朝までには日本海へ抜けると予測されている。

 14日正午までに予想される24時間雨量は、多いところで東海300ミリ、近畿と四国、九州南部200ミリ、九州北部150ミリ。その後の24時間では雨量がさらに多くなり、四国800~1千ミリ、近畿400~600ミリ、東海と九州300~500ミリ。