[PR]

 第44回全日本写真連盟群馬県本部公募写真展(全日本写真連盟県本部、朝日新聞社主催)の入賞作品が決まった。応募総数は計518点。1部(自由部門)の朝日新聞社賞は、山口悦子さん(高崎市)の「戯れ」、2部(県内の風景や祭りの様子などを切り取る)の全日本写真連盟賞には、玉置裕一さん(大泉町)の「魚道の彩り」が選ばれた。

 入選作品210点は27日午後3時まで、県庁1階県民ホールで展示される。入場無料。

 その他の主な入賞は次の通り。(敬称略)

   …

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら