[PR]

 長崎原爆の日の9日、ソウルでも原爆犠牲者追悼式が開かれた。参列したのは日本統治時代に広島、長崎で被爆した韓国人被爆者ら約100人。例年と違ったのは、日本大使館員の姿がなく、大使名での追悼文の代読がなかったことだ。昨今の日韓関係の急激な悪化で、主催の韓国原爆被害者協会ソウル支部が招待を見送った。

 式の後、鄭貞雄(チョンジョンウン)支部長(78)に話を聞くと「招待を受ける方の負担になると考えた」と日本側を気遣う答えが返ってきた。「けんかをしたいわけではない」とも。

 4歳のとき広島で被爆した鄭さんは、爆風で吹き飛ばされた時にできた傷が右足に残る。放射線の影響とみられる心疾患にも苦しんだ。一家が故郷を離れた背景には植民地支配があった。「日本を恨んできた」

 だが、日本政府は2000年代…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース