[PR]

 昨年タイで、同じサッカーチームの少年ら13人が大雨により洞窟に17日間閉じ込められ、その後全員無事に救出された。あれから1年余りたった今、現地は様変わりしている。少年らも大人のビジネスに巻き込まれ、困惑気味だ。

 少年12人と男性コーチは昨年6月23日、サッカーの練習後にタイ北部メーサイのタムルアン洞窟に入ったところ、大雨で出られなくなった。世界中からダイバーらが集まり、18日目に無事に外に出ることができた。

 タムルアン洞窟は、タイでも有名な観光地となった。地元の人によると、以前の来訪者は年間数百人だった。少年らの救出後、ピーク時は1日約5千人、今でも週末は約2千人が訪れるという。

 洞窟自体は安全対策のためにフ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら