[PR]

 超大型の台風10号の接近に伴い、宮崎県内各地は14~15日、暴風雨に見舞われる恐れがある。海は猛烈なしけとなり、高潮の危険性も高い。航空便の欠航など帰省客のUターンにも影響が出そうだ。気象台は「不要な外出、屋外での作業は控えて」と、厳重な警戒を呼びかけている。

 宮崎地方気象台の予想では、台風10号は強い勢力を維持したまま15日朝に宮崎地方に最接近し、進路次第では上陸の恐れもある。強風域が非常に大きいうえ、時速15キロと速度が遅い。14日昼すぎには県内が暴風域に入り、陸上では20~35メートルの風が吹き、突風や竜巻の可能性もある。

 14日から15日朝までは大雨の予報。降水量は、14日午後6時からの24時間で多い所で300ミリに達する。平野部の方がよく降り、局地的に1時間70ミリを超す非常に激しい雨となる見込み。

 15日朝に大潮の満潮と台風の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら