[PR]

 震災と原発事故後、営業を休止していた南相馬市小高区のスーパーマーケットが、新たに総菜店として再出発した。名物のおはぎも復活し、帰還した人たちを中心に買い物客でにぎわう。店を切り盛りする女性は「震災前と変わらない味で、小高に戻りたいと思ってくれる人を増やしたい」と意気込む。

 小高区の中心部で13日に営業を始めたのは、「おはぎとおそうざい ふるうちの台所」。かつて「食品スーパーふるうち」として地域の人々に愛された店だ。

 初日、開店を待ちかねた客たちが次々と店内に入り、お目当てのあんこやずんだのおはぎを買い求めた。たまねぎとベーコンたっぷりのナポリタンスパゲティ、切り昆布やさつま揚げが入った五目煮、マカロニサラダも棚に並び、人気を集めた。

 2年前に帰還した阿部陽子さん…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら