[PR]

 京都地方気象台は13日、超大型の台風10号に関する情報を発表した。台風は発達しながら北上中で、京都府内には15日午後に最も接近する見込み。1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る恐れがあるといい、不要な外出を控え、河川など危険な場所に近づかないよう呼びかけている。

 気象台によると、14日正午からの24時間に府北部で50~100ミリ、南部で100~150ミリの雨が降ると予想される。15日午後には雷を伴い、非常に激しく降る可能性があり、浸水や土砂災害に警戒が必要だ。風は14日の昼前から強まり、最大風速は陸上で12メートル、海上で15メートル。15日午後には暴風域に入る恐れがある。波は14日午後から高くなり、15、16日はしける見込み。

 台風の接近を受け、府は13日、各部局長らを集めた会議を開催。ダムの水位、河川の増水に備えた排水ポンプ車の態勢などが報告された。(佐藤美千代)