[PR]

 春日部市の男性(36)は中学2年の5月、「突然ぶつっと糸が切れた」と、不登校になった。公立だが学力の競争をかりたてられるような雰囲気になじめず、「自分はだめだ」と劣等感を感じていた。

 決定的だったのは中3の夏休み。科学部の部活動には時々出ていたが、担任から「なぜ部活しか出ないんだ」と怒鳴られた。ただでさえ不安定な精神状態。心ない一言に、男性は「打ちのめされた」。長いひきこもり生活が始まった。

 進学はできず、昼過ぎに起床、未明に寝る生活。外出は2週間に1~2回行く精神科クリニックの診察や、読書のために行く図書館のみ。情報を得られる本や新聞、自室で聞く深夜ラジオは好きだった。ニュースで知る社会の出来事は遠い世界のことのように感じたが「孤独感をまぎらわせた」と振り返る。

 新年度を迎え多くの人が新しい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら