【動画】沖縄・宮古島の宮古高校と平良中学校。九州吹奏楽コンクールに県代表として出場する=伊東聖撮影
[PR]

 23~25日に熊本市で開かれる第64回九州吹奏楽コンクール(九州吹奏楽連盟、朝日新聞社など主催)の中学と高校の部に、沖縄からは離島・宮古島の学校がそれぞれ県代表に選ばれ出場する。楽器の運搬など離島のハンデを抱えつつも「明るい宮古サウンドを届けたい」と練習に励んでいる。

 「音程ちょっと合わなかったね」「ベースライン、伸ばしてくださいね」。宮古高校の音楽教室。顧問の玉城菜々子教諭(35)が静かに言うと、生徒たちは「はい」と返事をして演奏を繰り返した。

 部員54人は全員女子。7月23日にあった県吹奏楽コン高校Aパートで25団体の中から、那覇高とともに県代表に選ばれた。離島の高校が県代表になったのは初めてだ。

 玉城教諭は昨年4月に着任した。吹奏楽だけにどっぷりつかるのではなく、集中して取り組めるようにと練習時間を短くした。コンクールの前以外は朝練も昼休み練もやめ「内容を含め、生徒に投げかけ、考えさせて練習するようにした」という。

■楽器運搬、組み立て 負担乗り…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら