[PR]

 35人が亡くなった京都アニメーションの放火殺人事件。犠牲者の一人、大村勇貴(ゆうき)さん(23)はこの春、常葉大学造形学部(静岡市)のデジタル表現デザインコースを卒業し、京都アニメーションに入った。在学中、いつもクロッキー帳を持ち歩き、思いついたアイデアを絵や文章にして書き留めていた。「絵を描く仕事がしたい」。周囲にはそう語っていたという。

 学部長の安武伸朗さんによると、コースのリーダー的存在。「面白いことをしましょう」と、教員によく声をかけていた。

 全国のさまざまな公募展に挑み、腕を磨いた。

 子どもたちのリレーを描いたイラストは2016年の「二科展」で奨励賞に。課題図書の表紙を描く「日本ブックデザイン賞」では2度入選。なかでも「ごんぎつね」(新美南吉)の表紙は、審査員の一人が最も印象に残った作品に挙げ、「作者の豊かなメッセージが込められた秀作」と評価した。

 卒業制作は絵巻物風の作品「ど…

この記事は有料会員記事です。残り224文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り224文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り224文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!