[PR]

 インドとパキスタンが領有権を争うカシミール地方のジャム・カシミール州の自治権がインド政府によって剝奪(はくだつ)されたことを受け、国連安全保障理事会の会合が近く開かれる公算が大きくなった。議長国を務めるポーランドのチャプトウィチ外相が13日、「安保理がこの問題を議論し、適切な判断を下すと思う」と述べた。

 チャプトウィチ氏はニューヨークの国連本部で開いた会見で、インド、パキスタン両国の外相と電話で会談し、緊張が高まっていることに対して懸念を表明したと述べた。また、この日、パキスタンの国連大使から書簡を受け取ったことを明らかにした。

 ポーランド代表部の広報担当者…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら