[PR]

(14日、高校野球 仙台育英8-5鳴門)

 背番号1の意地が詰まったリリーフだった。仙台育英はエースの大栄(おおさかえ)が、鳴門に傾きかけた流れを押しとどめた。

 6―0とリードしていた四回、2点を返され、なお無死一、二塁で右腕に出番が来た。犠打、単打、二塁打で1点差にまで詰め寄られた。崩れるわけにはいかない。1死二塁から内野ゴロ二つで後続を断つ。五、六回も得点圏に走者を背負ったが、追加点は許さなかった。

 今年の仙台育英にはいずれも140キロ超の速球を投げる4人の投手がいる。短いイニングでどんどん代えていく「積極継投」がチームの特徴の一つ。宮城大会6試合で完投した投手はおらず、1回戦の飯山(いいやま)戦も、ともに3年の大栄と鈴木、1年の笹倉と伊藤の4人で1失点に抑えた。

 昨夏の甲子園でも登板した大栄はその投手陣の柱だ。「大栄がいるから、1年生も含めこういう起用法がとれる」と須江監督。

 打者としての信頼も厚く、マウンドに立たない時は三塁を守る。七回1死三塁から中前にしぶとく運び、貴重な1点を加えた。投打に渋く光った。(竹田竜世)