[PR]

(14日、高校野球 鶴岡東9-5習志野)

 鶴岡東の左腕、影山雄貴(ゆうき)(3年)は「自己中心的でマイペース」と自らを語る。マウンドでさらに加わるのは強気だ。武器という直球は130キロ台と決して速くはない。ただ身長186センチの真上から左腕を振り下ろし、迫力がある。

 七回は安打2本と死球で1死満塁のピンチ。追い上げムードの習志野ブラスバンドの大音量を浴び続けたが、「ああ、やってるな」と気にもならなかった。

 声をかけようとマウンドへ近寄る一塁手を追い返した。「抑えられる自信があったので」。中犠飛で1点を失ったが、後続を断った。捕手の大井光来(みつき)(3年)いわく「打者がどうとか、考えられないタイプ」。腕を振ることだけ考えて、八回途中で降りるまで4失点。

 二回は「バットを振ったら飛んでった」と自らを助ける2点適時二塁打を放ち、殊勲者になった。

 試合後は普段の、のんびり屋。整列に1人、遅れてしまった。「肩を冷やした後のユニホームを整えてて……」。頭をかいた。(有田憲一)