[PR]

(14日、高校野球 関東一6―5熊本工)

 五回、熊本工の捕手がバウンドした投球を前にはじいた。安打で一塁に出ていた平泉は、それを見て二塁を狙って走る――。ビッグイニングの始まりだった。

 前に止めれば捕手は送球しやすい。走者はスタートを抑えがちだが、「走ってみれば怖くないものです」と平泉。関東一には攻めの走塁が染みついている。

 平泉の走りが捕手の悪送球を誘い、一気に三進。野口の安打で勝ち越した。野口が誘い出されて盗塁死しても、渋谷が安打後、また二盗。勢いはしぼまない。連打などで4点。これがあとになってものをいった。

 平泉は「走塁で失敗しても、もっと攻めようと逆に気持ちが上がる。野球独特の流れを持ってこられる」。測定すれば、オコエ(楽天)らを擁して4強入りした4年前の方がやはり足は速かった。このチームの強みは、むしろ判断力だと佐久間助監督はいう。走塁で大切な1歩目。それをいかに研ぎ澄ませてきたか、この回の平泉によく表れていた。(隈部康弘)