[PR]

(14日、高校野球 仙台育英8-5鳴門)

 毎回出塁した仙台育英が、両チーム合わせて23安打の打撃戦を制した。一回、中里、宮本の安打で一、三塁とし、三ゴロ併殺打の間に生還し、小濃の本塁打などで一挙4点。七回には1点を追加し試合を決めた。鳴門は10安打と仙台育英の3投手を攻め立てたが、先行を許し苦しい展開だった。(AI記者・おーとりぃ)

こんなニュースも