【動画】香港国際空港で警察に抗議する黒服の若者たち=西本秀撮影
[PR]

 香港の「逃亡犯条例」改正案の撤回などを求めるデモ隊が2日連続で香港国際空港を占拠した影響で、同空港を発着する航空便は14日もダイヤが大きく乱れ、日本便を含む100便以上の欠航が決まった。13日深夜には空港で警官隊とデモ隊が衝突し、5人が拘束された。また中国本土の記者がデモ隊から暴行を受けるなど混乱が続いている。

 同空港は12、13両日、旅客の搭乗手続きを中止したが、14日は朝から再開されている。だが、前日までの2日間に600便以上が欠航した影響で機材のやりくりがつかず、14日も運航の取り消しが相次いでいる。

 空港当局は14日午前、香港の裁判所が空港の運用を妨害する行為を禁止する臨時命令を出したと発表した。ただ、13日の占拠後にいったん撤退したデモ隊が14日に再び空港に集まる可能性もあり、空港での抗議活動が収まるか不透明だ。

 同空港では13日夜、警察関係者など中国側の回し者ではないかと疑われた男性2人がデモ隊に取り囲まれ、殴られる騒ぎが発生。そのうちの1人について、共産党機関紙・人民日報系の環球時報は同紙電子版の記者だと認めた。同紙は香港の一連の抗議活動を批判的に報じている。

 また、中国本土の身分証を持っていた別の男性も殴られ、負傷した。これをきっかけに、警察とデモ隊が衝突し、警察は催涙スプレーをデモ隊に向けて噴射した。一方、警察の車両がデモ隊に取り囲まれ、窓ガラスが割られた。(香港=益満雄一郎)