[PR]

 奈良市の春日大社で14日、境内の灯籠(とうろう)に火をともす伝統行事「中元万灯籠(ちゅうげんまんとうろう)」があった。訪れた人たちは暗闇に浮かび上がる幻想的な明かりを背景に、記念撮影などを楽しんでいた。

 夕暮れごろから大社の職員やボランティアらが、石灯籠約2千基、釣灯籠約1千基を一つずつ点灯していった。灯籠は平安時代から貴族や民衆によって寄進され、家内安全や商売繁盛などの願いが込められているという。

 15日にも予定されていたが台風10号の影響で中止が決まった。同日に予定されていた「奈良大文字送り火」も中止に。奈良大文字保存会によると、1960年の開始以来、中止は初めてという。(根本晃)