[PR]

 令和になって初めて迎えた終戦の日。東京・日本武道館での全国戦没者追悼式には、遺族らが時代が移っても変わらぬ思いを胸に参列し、若い世代も不戦への誓いを新たにした。

令和になっても「気持ちは変わらない」

 「絶対、戦争をしてはいけません。私のような人がいっぱいできる」。最年長参列者となった東京都八王子市の内田ハルさん(97)は15日、車いすで会場に入り、語気強く語った。夫の憲司さん(享年36)は1945年6月23日、沖縄本島で戦死。追悼式は50年以上、欠かさず参列しており、「色んな時代を経て今日があるが、昔が思い出されて、いつも涙をこぼしてきた」。令和になっても「気持ちは変わらない」という。

 1921(大正10)年に神奈…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら