[PR]

 14日は日本海側を中心に広い範囲で気温35度以上の猛暑日となった。新潟県上越市高田では全国で今年初めて40度を超え、40・3度を観測した。気象庁によると、台風10号の接近に伴い暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で、フェーン現象も加わった。

 上越市内はこの日、強い熱気に包まれた。午後には強い風も吹き始めたが、地表の熱を巻き上げサウナの温風のようだった。ハスの花の名所として知られる高田公園でも観光客の姿はまばらで、鮮魚店では店頭に備え付けた水の噴霧器で涼を取る客もいた。

 14日には、新潟県三条市で39・5度、山口市で38・0度、鳥取市で37・8度を記録した。(松本英仁、金山隆之介)