[PR]

 知的障害がある少女ら11人にわいせつな行為をしたとして、千葉県警が東京都内の無職の男(31)を準強姦(ごうかん)容疑などで逮捕していたことが、県警への取材でわかった。男のパソコンからはわいせつ行為を撮影した動画が数十人分確認されており、県警は被害を訴えにくい少女を狙っていたとみている。

 県警によると、逮捕されたのは東京都江戸川区の大木勇作被告。準強姦罪や強制わいせつ罪などで起訴されている。起訴状によると、2014~18年、都内や県内の住宅、駐車場内などで、13歳未満や知的障害がある少女らに対し、抵抗できないことに乗じてわいせつ行為などをしたとされる。

 県警が押収したパソコンには、特別支援学校に通う少女の動画が多数保存されていたという。スマートフォンには学校行事の日程が記された画像も保存されており、一人で帰宅する少女を狙った計画的な手口とみている。

 保護者から相談を受け、県警が捜査したところ、目撃情報などから浮上。下校中の女児への強制わいせつ容疑で昨年6月に逮捕し、その後、知的障害がある少女ら10人への準強姦や準強制わいせつなどの疑いで再逮捕した。(今泉奏)