[PR]

 宮崎県は14日、韓国の格安航空会社イースター航空の宮崎―ソウル(仁川)便が9月19日~11月30日、運休になると発表した。

 現在、週3往復運航している。イースター航空は運休の理由を「利用客の大幅な減少や相次ぐキャンセルによる事業計画の変更」と説明。前年は60%前後で推移していた夏場の予約率が、今年は30~40%程度に落ち込んでいるという。

 河野俊嗣知事は「大変残念。日韓情勢を背景とした利用の低迷の影響と思われる」とコメントした。

 宮崎―ソウル線は同社のほか、アシアナ航空が週3便で運航している。(大山稜)