[PR]

 大型の台風10号は15日夜、府内に最も接近しそうだ。あらかじめ寺社や施設が公開取りやめを決めたり、イベントを中止したりする動きが出ている。

 京都地方気象台によると、北部、南部ともに多いところで1時間に60ミリの非常に強い雨が降り、最大風速は18メートルと予想されている。河川の増水や土砂災害への警戒を呼びかけている。

 世界遺産・二条城(中京区)では、1日から開催されている「夏季ライトアップ」が最終日の15日は中止に。府立植物園(左京区)も終日閉園する。宮内庁も15、16日、京都御所(上京区)、京都仙洞御所(同)、桂離宮(西京区)、修学院離宮(左京区)の公開を休止。真言宗智山派の総本山・智積院(東山区)は15日、有料エリアの拝観を取りやめた。

 綾部市では、15日夜にあやべグンゼスクエアで予定していた「あやべ盆おどり大会」が中止になった。京都丹後鉄道は15日午後から順次、特急・普通列車ともに運休する。(佐藤美千代、大貫聡子)