[PR]

 日本外務省は14日、香港全域を対象に、渡航の際に十分な注意を呼びかける「レベル1」の危険情報を出した。1997年の中国返還後、香港に危険情報が出るのは初めて。外務省は「逃亡犯条例」改正案をめぐる衝突がエスカレートし、抗議活動が空港や観光地などの広範囲で行われているためと説明している。

 レベル1は4段階ある危険情報のうち、最も低い段階にあたる。(香港=益満雄一郎)