[PR]

 鹿島臨海鉄道(臨鉄)が1969年に設立されて今年で50年。会社の出発は、鹿島サッカースタジアム駅(茨城県鹿嶋市、旧北鹿島駅)と奥野谷浜駅(神栖市)を結ぶ貨物専用の鹿島臨港線だ。今も、化学工業製品などを積んだ貨物車両を牽引(けんいん)するディーゼル機関車が活躍している。

 臨鉄は鹿島臨海工業地帯の原料や生産品の輸送を目的に、旧国鉄や県、進出企業が出資して作られた。翌70年に鹿島臨港線(19・2キロ)の営業を開始。同工業地帯の「動脈」として発展に寄与してきた。

 78年から、新東京国際空港(現・成田空港、千葉県成田市)用の航空燃料の暫定輸送も担い、旅客営業したが、千葉港(千葉市)からのパイプライン化に伴って83年に廃止された。

 臨鉄は旧谷田部町(現つくば市…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら