[PR]

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は15日午前、日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」の式典で演説した。日本の対韓輸出規制強化を念頭に「日本の不当な輸出規制に立ち向かう」と言及したが、歴史認識問題では直接的な日本批判を避け、「今からでも日本が対話と協力の道に出れば、我々も喜んで手を握る」と関係の改善を呼びかけた。

 韓国の歴代大統領は光復節演説で、歴史認識をめぐる日本政府の対応について批判的に言及してきたが、例年になく日本批判が少なかった。日韓関係の懸案となっている徴用工問題や慰安婦問題には触れなかった。

 文氏は、奪われた主権を取り戻すことにつながった「光復(日本の敗戦)」は、日本国民にとっても「軍国主義の抑圧から脱し、侵略戦争からの解放」だったとの認識を初めて示した。国交正常化後の対日関係については「過去にとどまることなく、日本と安全保障や経済の協力を続けてきた」「日本と共に(植民地時代の)被害者の苦痛を実質的に治癒しようとしてきた」と肯定的に評価した。

 今後の関係については「日本が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら