[PR]

 トランプ米大統領がニューヨークで開かれた選挙資金パーティーで日韓両首脳との会話に言及した際、韓国人と日本人が話すなまりのある英語をまねて揶揄(やゆ)していたと、米ニューヨーク・ポスト紙が9日、報じた。米国では外国人が話すなまりのある英語をまねて揶揄することは人種差別的と受け止められるため、SNSでは「差別的」という批判が出ている。

 ニューヨーク・ポスト紙によると、トランプ氏は9日、ニューヨークで開かれた選挙資金パーティーで演説。韓国経済は繁栄していると強調し、「なぜ我々が韓国の国防費を払わなければいけないのか。彼らが支払うべきだ」と訴えた。韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領はこの訴えに屈服したと語った際に、文氏の韓国語なまりの英語をまねした。

 トランプ氏はさらに、安倍晋三首相の日本語なまりの英語をまねして、日米の貿易関税をめぐる話し合いについて説明した。また、安倍氏の父晋太郎氏が特攻隊に志願した話に感動したとし、特攻隊員は酒を飲んだり、ドラッグを摂取したりしていたのかと安倍氏に尋ねると、安倍氏は否定したと語った。トランプ氏は「燃料が半分の飛行機で愛する国のために鋼鉄の船に突っ込んだことを想像して欲しい」と述べた。

 トランプ氏が日韓両首脳のなま…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら