[PR]

 15日午前5時10分ごろ、福島県金山(かねやま)町大塩の天然炭酸水が湧く井戸で、炭酸水をくみに訪れた男女2人が転落して死亡する事故があった。新潟県長岡市吹谷の無職諸橋勲さん(77)と、めいで同市仲子町の会社員伊佐るり子さん(49)で、ともに水死だった。水面近くは炭酸ガスの影響で酸素濃度が薄く、2人が意識を失った可能性もあるとみて、福島県警が調べている。

 同県警によると、2人は親族ら計5人で車で訪れた。炭酸水をくみに行った2人の戻りが遅いため、近くで待っていた親族が井戸に行って発見した。消防によると、発見当時、心肺停止状態で大きな外傷はなかったという。

 井戸は深さ約4メートルで、約3メートルの高さまで水がたまっていた。開口部は地面とほぼ同じ高さ。さくはなかったが、転落防止用のネットがあり、当時は一部がめくれていたという。

 町によると、天然炭酸水の井戸は古くから知られた地元の名所。住民や観光客が自由にくめるほか、業者がペットボトルで販売している。2016年のG7伊勢志摩サミットや今年のG20大阪サミットでも提供されたという。(飯沼優仁、古源盛一)