[PR]

 宮城県大河原町にある「えずこホール(仙南芸術文化センター)」付属の住民劇団「えずこシアター」が24、25日、同ホールで第22回公演を行う。昨年の公演でこれまでのスタイルに一区切りをつけて、今公演から数年かけて新しい形式を模索する予定で、今回は即興劇に挑む。

 「赤勝て、白勝て劇合戦 えずこシアター全員集合!」と題し、劇団員が白組と赤組に分かれて演劇合戦を繰り広げる。サッカーの試合に模し、選手入場のオープニングから前半戦、ハーフタイム、後半戦、エンディングと構成する。

 新機軸は後半戦。当日の観客から頂いた「お題」にそった様子を即座に再現、東京在住の音楽家片岡祐介さんが即興演奏で応える。ハードルが高い即興劇に、劇団員はこれまで培った演技力を振り絞って挑む。

 1996年発足のえずこシアタ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら