[PR]

 サッカーのJ1磐田は15日、鈴木秀人監督(44)の退任を発表した。11日にホームで行われた湘南戦に2―3で敗れた後、体調不良となったという。14日の天皇杯八戸戦は指揮を執らなかった。当面は、小林稔ヘッドコーチ(43)が暫定的に指揮を執る。

 鈴木監督は、名波浩前監督(46)の後任として7月1日に就任した。チームの立て直しを期待されたが、J1の5試合は1勝4敗と結果を出せなかった。チームは現在、最下位に低迷している。磐田は1カ月あまりで2度目の監督退任となった。