[PR]

 松江市の安川毅さん(94)は、県の募集に応じて14歳で旧満州に渡り、戦後、ソ連軍に捕らえられシベリアで3年の抑留生活を送りました。「人間はどこの国の人も一緒」「人同士が殺し合うなんて、戦争は本当につまらん」と話します。

 雲南市大東町の農家の次男として生まれた。「長男でもないし、満州の方が仕事もあるだろう」と、開拓団に参加。県内の約300人とともに渡り、ソ連との国境付近で開墾を始めた。戦況が激しくなっていた20歳のとき関東軍に入り、戦闘訓練や陣営の警備に当たった。「不安でいっぱいだった」と振り返る。

 しばらくして終戦を迎えた。大隊長から言われたのは、「日本は敗れた。好きなところへ行け」。

 どうしていいか分からず、先輩…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら