[PR]

 9月にカタールのドーハで開幕する陸上の世界選手権の男子マラソンに出場する二岡(ふたおか)康平選手(25)=中電工=が15日、故郷の伯耆町役場を訪れ、森安保町長らが激励した。

 二岡選手は町立岸本中学校の出身。中学時代に陸上の楽しさを知り、高校から本格的に始めた。初マラソンは昨年の別府大分毎日マラソンで、今年の同大会は2時間9分15秒で日本人最高の4位に入った。

 「去年の大会に比べ格段にいい練習をしたので絶対にいけるだろうと思った」という。世界の舞台は初めてだが、「結果を出して入賞したい。メダルも狙いたい」と語った。

 二岡選手は東京五輪の代表選考…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら