[PR]

 大型の台風10号が接近した影響で、愛媛県内は15日、終日大荒れの天気となった。台風の暴風域に入った多くの市町で大雨や暴風、波浪などの警報が発令され、日常生活や交通機関に大きな影響が出た。昨年の西日本豪雨で大きな被害を受けた南予地域を中心に災害に対する警戒感が強まり、避難する人も相次いだ。

 松山地方気象台によると、台風10号は15日、愛媛県と大分県の間の豊後水道を北上。午前11時すぎに愛媛県の佐田岬半島付近を通過し、その後、中国地方に上陸した。県内各地では激しい雨が降り、15日夕までに、1時間雨量が久万高原町で45ミリ、東温市で40ミリ、西条市、内子町、鬼北町で30ミリ以上を記録した。

 県災害警戒本部などのまとめでは、14日夕から15日夕にかけて、土砂災害や高潮被害の危険性があった宇和島市、八幡浜市、内子町の一部に避難勧告が出たほか、雨が多く降った宇和島市、内子町、久万高原町には土砂災害警戒情報も発令された。さらに、南予・中予地域の多くの市町には避難準備情報が出た。

 昨年7月の西日本豪雨で土砂災…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら