[PR]

 秩父地域で「空き家」が売れている。秩父市と周辺4町が運営する「ちちぶ空き家バンク」の成約が昨年度までに180件に達した。国土交通省によると、空き家を登録して、インターネットなどで売りに出す「空き家バンク」は、全国約1200市町村にある。埼玉県も「空き家バンク設置支援マニュアル」を作り、48市町村が設置したが、物件も利用者も少ないことで、うまくいかないケースも多いという。

 秩父の特徴は、バンクの仕組みを、5市町の移住促進事業の一環に位置づけていることだ。

 同事業は、秩父市の姉妹都市である東京都豊島区で2カ月に1度、移住のための相談窓口を開くほか、都内で開かれる「ふるさと回帰フェア」などに参加して移住希望者を募る。

 希望者のための「物件見学ツア…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら