[PR]

 中国地方を15日に縦断した大型の台風10号。兵庫県内の各自治体は避難所を設けたり、土囊(どのう)を配ったりと対応に追われた。鉄道などの交通機関も乱れるなどし、市民生活に影響が出た。

 県は午前10時、風水害対策連絡会議を災害対策センターで開いた。井戸敏三知事や県幹部らが参加し、神戸地方気象台の担当者から、台風の中心から離れた地域でも強風の恐れがあるとの説明を受けた。高潮などの浸水被害を防ぐため、県港湾課が管理する約650の防潮扉を同日昼までに全て閉鎖することなどが会議で報告されたという。

 県内の各自治体も避難所開設など対応に当たった。

 南あわじ市と洲本市はこの日午…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら