[PR]

 昨秋に愛知県で創業したベンチャー企業「Sonoligo(ソノリゴ)」の社長を務める遠山寛治さん(25)は、名古屋大学の現役大学院生だ。音楽や美術、舞台芸術などの文化イベントをより気軽に楽しめる仕組みを提供して、豊かな社会づくりに貢献するのが企業理念だ。

 社員は3人で、共通するのは大の音楽好きなこと。遠山さんは中学時代にサックス演奏の楽しさに魅了され、ソロコンクールで全国大会に優勝したことも。名大工学部時代も国際コンクールの本戦に出場した。

 一方、将来は演奏家ではなく起業家になりたいと早くから考えていた。大学院では名大の情報学研究科に進んで、音のデジタル処理を研究。音楽やIT(情報技術)の知識を生かした事業のアイデアを温めた。

 現在の社業につながるヒントを…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら