[PR]

 千葉市の市立2病院のあり方を検討する有識者会議は19日、老朽化が進む海浜病院(美浜区)は早期に全面建て替えで新病院を建設し、ここに救急医療体制を集約する一方、青葉病院(中央区)は新病院や周辺医療機関と連携し適切な機能・規模を選択すべきだとする答申案をまとめた。今月中にも、熊谷俊人市長へ答申する。答申を受け、市は新病院の用地選定などの検討に着手する。

 答申案は、「青葉病院のみで市立病院が提供すべき医療機能を提供することはリスクが大きく困難」だとして、2病院体制を当面維持する内容となった。

 開設から35年がたち、老朽化が深刻な海浜病院については、「大規模改修は適当ではなく、費用対効果を考慮し全面建て替えが有効」で、「早急に新病院の建設に着手すべきだ」とした。ただし、現在の敷地内での全面建て替えは、騒音・振動の診療への影響、工事の長期化、経営への影響など「課題が多い」と指摘した。

 新病院の建設地については、別…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら