【動画】バリージョシュアさんと巡る東京バリアフリー 浅草・後編=遠藤啓生、竹谷俊之撮影
[PR]

 2020年の東京パラリンピックを前に、競技会場が広がる都内の観光地には外国人旅行者が詰めかけています。昨年、訪日客は初めて3千万人を突破しました。来年はさらなる増加が見込まれています。

 高齢や障害などのため車いすを使って観光を楽しむ人たちの姿も増えてきました。観光庁も障害のある訪日客へのニーズに応えようとしています。駅やバスターミナルなど公共交通機関でのバリアフリー化を進めています。

 障害のある外国人旅行者向けにバリアフリー情報をインターネットで発信しているカナダ出身のグリズデイル・バリージョシュアさん(38)。車いすで10年以上にわたり東京で暮らしている経験をもとに、日本観光サイト「ACCESSIBLE JAPAN(アクセシブルジャパン)」を制作・運営しています。

 朝日新聞社はバリージョシュアさんをナビゲーターに、バリアフリー状況を確かめながら浅草や明治神宮など都内の観光地をめぐります。アクセスのしやすさ、車いすでも利用可能なトイレ、車いすの貸出場所や段差の有無などをリポートしていきます。(遠藤啓生)

 車いすユーザーでカナダ出身のグリズデイル・バリージョシュアさんと東京都内のバリアフリー施設をめぐる「ジョシュとゆく東京バリアフリー」。浅草編の後編では、車いすユーザーにも対応した人力車に乗って浅草周辺を観光しました。

 仲見世では、ジョシュさんが大好物だというあげまんじゅう屋に立ち寄りました。揚げたての逸品に舌鼓を打ちつつ、障害のある観光客にも丁寧に対応する店員さんの心遣いにも感動しました。

 お土産屋など89店がひしめく仲見世。その中でジョシュさんが目をつけたのが「浅草九重」のあげまんじゅう。揚げたての11種類が英語併記で並んでいます。

 ここ数年で急増した外国人旅行者にも店員の皆さんは慣れたもの。「英語・中国語・韓国語・スペイン語……。片言の外国語は何でも話せるよ」と岩佐早希子さん(53)。耳の不自由な方に対応するため、現在手話を勉強中しているそうです。

 この日、ジョシュさんは一番人気の「こしあん」を選びました。店員の方は両手にすっと差し出してくれました。

 浅草寺を見学後、ジョシュさんが訪れたのが、雷門から車いすで5分ほどの場所にある観光人力車を運営する「時代屋」です。

 車いすユーザーでも人力車に乗り込めるように、専用の昇降台を設置しています。通常の乗車料金に加え、8千円かかりますが、何人利用しても同じ追加料金です。

 「しっかりとシートベルトをしてくれるので安心です。日に焼けた車夫のお兄さんからの観光案内を聞きながら、車いすにはない目線の高さと疾走感が楽しめます」

グリズデイル・バリージョシュアさん

 1981年1月生まれ。カナダ・トロント出身。生後まもない頃の病気で、手足に障害が残り、4歳のときから車いす生活を送る。

 19歳の時に父親と旅行で初来日。駅のホームで職員が出迎え、改札まで車いすを押してくれた経験に感動。日本は「心のバリアフリーが達成されている」と実感する。

 日本永住を目指して2007年夏に再来日。16年には日本国籍を取得する。現在は介護施設「アゼリー江戸川」(東京都江戸川区)で事務職として働く。その傍ら、10年以上日本で暮らしている経験をもとに、外国人障害者向けの日本観光サイト「ACCESSIBLE JAPAN(アクセシブルジャパン)」を制作・運営している。