[PR]

 京都市伏見区の京都アニメーション第1スタジオで35人が死亡した放火殺人事件で、京都府警が、犠牲者が亡くなった際に身につけていた腕時計を紛失していたことがわかった。捜査関係者が明らかにした。府警は遺族に紛失の経緯を説明し、謝罪したという。

 捜査関係者によると、紛失が発覚したのは7月下旬。遺留品を点検した段階では、腕時計を身につけていたことを確認していたが、司法解剖した後に、遺体を家族のもとに返す際に、腕時計がなくなっていることに気づいたという。

 府警では通常、遺留品は撮影したうえで記録のリストをつくり、持ち主ごとにわけて保管している。今回、捜査本部を設置した警察学校(京都市伏見区)などに遺体を運び、司法解剖や、身元を特定するためのDNA型鑑定を順次進めていく中で、紛失したとみられている。

 府警幹部は「犠牲者が多いうえ、非常に混乱していた時期に起きたことだが、遺族に大変申し訳ない」と話している。