[PR]

 英領ジブラルタル自治政府は15日、欧州連合(EU)の制裁に違反してイランからシリアに原油を運ぼうとした疑いで7月に拿捕(だほ)したタンカーを解放した。自治政府トップのピカード首席閣僚は声明で、解放後にシリアに向かわないとする誓約書をイラン政府から得たとして、「差し押さえを続ける理由がなくなった」と説明した。

 ピカード氏によると、イランと対立する米国の司法省から、タンカーを差し押さえる新たな法的手続きをとるよう要請を受けていたという。ピカード氏は司法当局が要請に対応するとしたが、結果的に自治政府が要請を無視した形だ。

 この問題では、イラン政府が「海賊行為だ」と猛反発。ホルムズ海峡を航行していた英国船籍のタンカーを拿捕(だほ)する「報復」に出た。今回の解放で両国の緊張が和らぎ、イランも英タンカーを解放するとの期待が英国内で高まっている。

 英国では7月末ジョンソン政権…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら