[PR]

(16日、高校野球 明石商3―2宇部鴻城)

 明石商は八回1死三塁から意表をつくヒットエンドランをかけ、一ゴロで同点に。十回は敵失も絡んで1死満塁とすると、河野のスクイズ(記録は内野安打)でサヨナラ勝ちした。宇部鴻城は継投策で粘ったが、最後に守備でほころびが出た。