[PR]

(16日、高校野球 明石商3―2宇部鴻城)

 「三塁走者がいて1点を取る練習はしてきている。自信があった」。サヨナラスクイズ(記録は内野安打)を決めた明石商の河野は胸を張った。十回1死満塁、警戒されるなか、投前に勢いを殺した絶妙な球を転がした。「バントはずっと大事にしている練習。体に染みついている」と河野。明石商らしい、小技を絡めたサヨナラ勝利で夏の甲子園で初の8強入りを決めた。

     ◇

 ○杉戸(明) 10回2失点で完投。「1人で投げきるつもりだった。打たれようが点を取られようが、粘ると決めていた」

 ○清水(明) 八回1死三塁で一ゴロを打ち、同点。「サインはヒットエンドラン。やらなしゃーないという気持ち。転がすことができてよかった」