[PR]

(16日、高校野球 八戸学院光星7―6海星)

 終盤まで互角の展開の中、八戸学院光星がサヨナラ勝ち。九回1死から近藤の安打などで満塁とすると、下山が中前へ適時打を放って試合を決めた。海星は、2番手の江越が走者を出しながらも五~八回を無失点に抑える粘りを見せたが、最後に力尽きた。