[PR]

 北朝鮮の祖国平和統一委員会は16日、報道官談話を発表し、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が15日の「光復節」の式典で南北融和を呼びかけた演説を批判し、「われわれは、再び対座するつもりはない」と表明した。朝鮮中央通信が16日に報じた。南北首脳会談に再び応じる考えはないとするものだ。

 談話は、文氏を名指しせず「南朝鮮当局者」とした上で、韓国が朝鮮半島有事を想定した米韓合同軍事演習を展開しつつ、南北の対話を呼びかけることは「まれに見るほどずうずうしい」と批判。6月末に板門店で金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長とトランプ米大統領が会談した後、再び米朝対話が停滞したのは「全面的に南朝鮮当局者(文氏)の行動の産物であり、自業自得だ」と主張した。

 米韓合同軍事演習は20日まで…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら